Menu Close

FIP

FIP(Fielding Independent Pitching)DIPS(Defense Independent Pitching Statistics)理論から派生していた投球指標です。 DIPS理論は守備と運の影響を多く受けるヒットを投げる評価から除外されます。現在は投手もある程度はヒットを制御することができると判明したが、十分な標本がたまり前守備と運の影響が大きいため、DIPS理論はまだ投球評価に重要です。

FIPは、様々な公式があり、FanGraphsのFIP式は次のとおりです。

FIP =((13 *本塁打)+ 3 *(四死球) – 2 *三振)/投球回+定数

FIP定数=リーグ平均失点 – ((13 *本塁打)+ 3 *(四死球- 故意四球) – 2 *三振)/投球回

 

ただしFIPは分母で投球会をそのまま使用しています。 投球会はBABIPの影響を受けた結果であるため、FIPの趣旨には合いません。BABIPもリーグ平均と仮定する方がFIPの趣旨により適しているようです。だからNPB STATSのFIPは投球回の代わりにBABIPをリーグ平均で計算した期待投球会を使用します。そして自責点ではなく、失点スケールで計算します。

NPB STATSのFIP =((13 *本塁打)+ 3 *(四死球- 故意四球) – 2 *三振)/期待投球会+定数

期待投球会 = (三振+(打数-本塁打-三振)*期待アウト率)/3