Menu Close

DIPS (ディーアイピーエス)

DIPS(Defense Independent Pitching Statistics、守備関係投球記録)は、ボロス・マクラッケンが作成された投球評価理論であり、指標です。打球が安打になるかアウトになるかは投手が制御できないという視覚に基づいて守備の影響を受けるヒットを除いて、投球を評価することです。以前は、投手が打球を制御する能力があると信じていたので、大きな反発を呼んできました。しかしグレッグ・マダックス、ペドロ・マルティネスのような優れた投手もヒットを抑制する能力が平均と大きな差がなかったのでDIPSは投球を評価する重要な理論がしました。以後、後続の研究結果投手もある程度は打球を制御することができると判明したが、ほとんどの平均とあまり差がなく、被安打率が安定なるに多くの累積が必要なため、DIPS理論はまだ投球評価に重要です。

 

FIP(Fielding Independet Pitching)

FanGraphs FIP =(13 *本塁打+ 3 *(四死球) – 2 *三振)/投球回+定数

NPB STATS FIP =(13 *本塁打+ 3 *(四死球 – 故意四球) – 2 *三振)/(打席/リーグ平均投球回あたり打席)+定数

定数は、リーグ平均FIPがリーグ平均ERA(防御率)と一致するようにしてくれるの値です。

DIPSは計算が複雑すぎるため、トム・タンゴが簡単に作成された指標がFIPです。 FIPは、様々な公式が存在します。FIPは、守備に関係なく、投手の責任とすることができる本塁打、四死球、三振だけ投球を評価し.FIPの欠点は、インプレイ打球を完全に無視することです。

 

xFIP(Expected Fielding Independent Pitching)

xFIP =(13 *(フライ・リーグ平均本塁打/フライ)+ 3 *(四死球) – 2 *三振)/投球回+定数

本塁打は発生頻度が低いため、標本がたまり前不安定です。だからFIPの本塁打をリーグ平均に置き換えた指標がxFIPです。本塁打の代わりにフライを使用します。しかし、本塁打は明確な投手の責任であるため、リーグ平均に置き換えてしまうと投手の能力を適切に説明はしないです。

 

tRA(True Runs Average)

tRA =(0.297 *四球+ 0.327 *死球 – 0.108 *三振+ 1.401 *本塁打+ 0.036 *ゴロ – 0.124 *内野フライ+ 0.132 *外野フライ+ 0.289 *ライナー)/(三振+ 0.745 *ゴロ+ 0.304 *ライナー+ 0.994 *内野フライ+ 0.675 *外野フライ)* 27)+定数

公式では分子は、各イベントの得点価値がある分母はアウトになる確率です。定数は、FIPのようにリーグ平均tRAをリーグ平均失点と一致させるための値です。 tRAは失点スケールの指標であり、防御率スケールで計算されたのは、tERA呼ばれます。

インプレイ打球を無視するFIPやxFIPとは異なり、tRAはインプレイ打球を無視しません。代わりに守備の影響を排除するために、打球の種類を内野フライ、外野フライ、ライナーで区切ります。 tRAの欠点は、打球の分類が記録者の主観に基づいて異なることができるということです。