Menu Close

打者WAR

WAR(Wins Above Replacement、代替選手比勝利寄与度)は、代替選手と比較してどのよう勝利に貢献したかを推定した統計です。代替選手は簡単に入手できる最低年俸レベルの選手を意味します。 NPB STATSは日本プロ野球で代替レベルの打者は、平均レベルの打者と比較して600打席で20点の差があるものと見ています。 NPBは1勝に9点の価値があるので、20点/ 9 = 2.2勝の違いです。

 

打者WARの基本的な構造

WAR = WAA + Replacement

打者は打撃、走塁、守備を介してチームの得点を増やしたり、減らす貢献します。打撃、走塁、守備はリーグ平均と比較して貢献度を測定するのが容易であるのでリーグ平均比得点貢献度を計算します。守備はポジションに応じて守備難易度の差がありますので、ポジション補正値も計算します。打撃、走塁、守備、ポジション調整値を合わせれば、打者の総合的な得点寄与度がされます。以下は、得点貢献度を獲得貢献度に換算します。投高、打高に応じて変動があるが、歴史的に日本プロ野球は9点当たり1勝の価値があります。そして、平均的な選手なら、代替選手と比較した場合どのよう勝利寄与があったかどうかを計算します。例えば、いくつかの選手が300打席を出たら、平均的な選手が300打席に出た時の代替選手に比べ勝利貢献度を計算することです。そして、平均比勝利寄与と平均選手の代替選手に比べ勝利貢献度を合わせるとWARになります。

 

WAA(Wins Above Average、平均比勝利貢献度)

WAAは平均的な選手と比較して寄与した乗数を意味します。 RAA(Runs Abover Average、平均比得点寄与度)を獲得基準に換算するとWAAになります。

得点寄与度=打撃得点+走塁得点+守備得点+ポジション補正

 

打撃得点

打撃得点はwOBA(Weighted On Base Average)に基づいて計算されます。 wOBAは割合の指標であるため、累積得点寄与度に変換したwRAA(Weighted Runs Above Average)を使用します。投手の打撃成績を除いて、パークファクターを反映したwRAAが打撃得点になります。投手の成績を除く理由は、投手の打撃能力があまりにも低下するので、全体の平均に影響を与えて指名打者制度の有無に応じた公平性の問題もあります。

wRAA =((wOBA-リーグ平均wOBA)/ wOBAスケール)*打席

打撃得点= wRAA +(得点/打席 – パークファクター*リーグ得点/打席)*打席+(得点/打席 – 投手を除くwRC /打席)*打席

 

走塁得点

走塁得点は盗塁得点、併殺得点、進塁得点の合計です。

盗塁得点:盗塁で得られた得点です。

併殺得点:打席で併殺回避で得た得点です。 NPB STATSの併殺得点は打席あたり併殺率を用いて推定した。

進塁得点:出塁後走塁プレーによる得失を計算しています。 NPB STATSの進塁得点は出塁時得点率とスピードのスコアを用いて推定した。

 

守備得点

守備得点ではFS(フィールディング・シェア)という指標を使用します。FSは刺殺、補殺、失策、暴投、捕逸などの基本的な守備の記録を利用して計算します。守備得点は同ポジションでの貢献度を意味します。一塁手のみ出場した選手の守備得点が10点であれば、平均的な1塁より10点をより寄与したということを意味します。外野手の場合FSは左翼/中堅/右翼手を区別せずに外野手全体に基づいて計算されたものです。したがって、FSを左翼手/中堅/右翼星出場した割合に応じて調整します。調整値は、年度ごとに少しずつ差があるが、左翼手は3〜4点に加えて、中堅手は4〜5点のマイナス、右翼手は1点プラスします。左翼手がFS5点だったら左翼として守備得点は8〜9点になります。もし、複数のポジションで出場した場合、単純に出場したすべてのポジションの守備得点を合算します。遊撃手として800イニング出場して守備得点-3点、3塁手で300イニング出場し、守備得点2点であれば、この選手の総守備得点は-3 + 2 = -1点になります。

 

ポジション補正

ポジション補正は守備位置ごとに異なる守備難易度の差を補正するための数値です。 NPB STATSのポジション補正値は、得点ではなく、勝利の基準であり、毎年少しずつ調整します。 2019年の143試合(1287イニング)基準ポジション補正値は、次のとおりです。

ポジション 捕手 一塁手 二塁手 三塁手 遊撃手 左翼手 中堅手 右翼手 指名打者
補正値 1.37 -0.78 0.31 -0.16 0.60 -0.83 0.06 -0.55 -1.43

ポジション補正=守備イニング/ 9/143 *各ポジション別補正値

複数のポジションで出場した場合には、単に、各ポジションごとに計算した数値を合算します。

 

RAA(得点寄与)をWAA(勝利寄与)に換算

RAAをRPW(勝利あたり得点)に分けて得点貢献度を勝利貢献度に換算します。毎年少しずつ差があるがNPBは約9点あたり1勝に換算されます。一部の選手の得点寄与度が90点であれば、勝利への寄与度は10勝です。平均比という定義上のすべての選手の貢献度合計値は0が必要があるため、多少の誤差を0に調整する過程を行っています。

 

代替(Replacement)

代替寄与度は、平均的な選手が代替選手と比較して寄与した乗数を意味します。

代替レベルのチームは勝率0.260であるため、143試合で37.2勝を経ておきます。平均レベルのチームは143試合で71.5勝であるため、WARは71.5-37.18 = 34.32となります。 NPBは12チームなので、チーム当たり143試合、リーグ1716試合のWARは34.32 * 12 = 411.84

打者と投手のWARは57:43の割合で配分されます。リーグ全体の打者WARは411.84 * 0.57 = 234.7488

リーグ全体の景気が1716試合時WARは234.7488であるため、試合当たりWARは0.1368勝されます。

打者の代替寄与度は打席数で計算します。

代替寄与度= 0.1368 *リーグ/リーグ打席*打席

投手として出場した試合の打席は計算から除外されます。

 

注意

WARはパークファクター、投高/打高 の調整がされます。

WARは中立的な状況で想定して計算されます。ただし救援投手は例外的にgmLI(登板状況の重要度)を反映します。

WARは、計算方法によって異なる可能性がある推定値です。